整体師の資格を取って将来に役立てよう|人体のセラピスト

骨・筋肉治療の専門家

婦人

独占的な国家資格を持つ

柔道整復師はいわゆる医療関連資格の1つであり、西洋医学とは異なる伝統を持つ独自の治療技術を駆使して傷病の治療に当たる専門職です。治療の対象となるのは、骨折・捻挫・脱臼・打撲といった骨や関節、筋肉等に係る故障です。業務独占資格として地位が保証されており、無資格者が柔道整復を行ってはならないとされています。柔道整復師の資格を得るには、国家試験に合格する必要があります。受験資格は国が指定した養成学校または養成施設で学び、所定の単位を修めることで得られます。柔道整復師になるための養成コースを設けているのは全国の大学・短大・専門学校等です。大学は4年、短大は3年、専門学校は3年または4年の学習期間が必要となります。養成機関における学習内容は、柔道整復に関する理論と実践が中心となります。もちろん臨床実習も行われます。また、それ以外にも解剖学や整形外科学、リハビリテーション医学といった西洋医学関連、運動学や公衆衛生学などの隣接分野についても学びます。専門学校の場合、3年制と4年制とではカリキュラムに大きな違いはありません。ただ4年制の方が日程に余裕がある分、学校ごとの特色が出やすくなっています。ある学校では実習の時間を多めに取り入れたり、またある学校ではスポーツマッサージやテーピングなど応用技術に関する授業を行ったりしています。また、専門学校の中には別の仕事を持ちながら柔道整復師を目指す人のために、夜間部を設けているところもあります。